ファスティングトレーナー断食メガネ田中のTUKURU BLOG

ファスティング専用ドリンク・酵素ドリンクの選び方

fasting02

そもそも、酵素ドリンクって何なの?酵素が摂れるの?

ネット上には、様々な情報が飛び交い、中には、間違った情報の受け売りブログ、アフィリエイターが酵素ドリンクを売りたい為に作ったランキングサイト、中途半端に間違った情報、信憑性の無い情報、知識が無い人を騙していると受け取れるような情報など無責任なサイトを多く目にします。

 

特にいい加減なランキングサイトを作成し、販売した時に入ってくるアフィリエイト報酬の良い商品を紹介しているサイトで紹介されているものは、添加物、保存料、人工甘味料は当たり前に含まれていて、専門家は絶対に使わない商品がほとんどです。

 

『酵素』がなんなのか知らないまま、ただ、『体に必要・重要』程度の知識があるだけなのでどれを選べば良いか分からず、いい加減なランキングサイトや大手ネットショップでただ売れているものを選んでいるように見受けられます。

これでは安心安全にファスティング・断食を行う事はできません。
世間的に『ファスティング・断食が危険』と言われているのはこういった間違ったやり方で行ない、健康被害が出るとこにあります。

 

もっと分かりにくいのが、『良い物を作っていますよ!』とアピールしている商品です。

こだわって作っているので、体に悪くは無いでしょうが、本当のファスティングには不向きです。

理由は、発酵ドリンクを使って行うファスティングの最も重要なのは

  • マグネシウム
  • MSM

細胞を働かせるこの2つのミネラルが超重要なのです。
これは後ほど記述します。

まずは正しいファスティング方法の知識を持って、正しい方法で行えば安心安全に進める事ができます。

酵素ドリンクとはいったい何なの?
という疑問に日本栄養学協会認定、酵素栄養学指導士の断食メガネ 田中裕規がお応え致します。

 

本当は『酵素ドリンク』で酵素を摂るわけでは無い!

『酵素ドリンク』とよく聞きますが、イメージ的に、酵素ドリンクで酵素が補えると思っている方が多いと思います。

この認識は間違いであり、実際には、酵素ドリンクで酵素を補えるわけではありません。

 

このような商品販売の定番文句をよく見かけます
・酵素を摂り入れて代謝を上げる・痩せやすくする。
・現代人は酵素不足だからドリンク、サプリで酵素を補う。
・○○種類の野菜・果物の酵素が入っている。
・業界1、酵素の種類が多いです。

と表現している商品をよく見かけます。
これ自体、間違いでは無いですが、厳密には間違った認識です。

 

野菜や、フルーツ、肉、魚など加熱していない食べ物から食物酵素を摂ることはとても大切ですが、食物酵素は消化に働くものであり、腸内で消化の助けを行うものです。

食物酵素が体内(血液内・細胞内)に入ってきて代謝の助けを行う事はありません。
(消化酵素の負担を減らせば、代謝酵素に回す分が増える事で、関節的に代謝を良くする事はありますが、本質としては、消化を行わない、つまり食べない事が体内の酵素を代謝に集中させる事ができます。)

 

『酵素ドリンクや酵素サプリで酵素を補う』とよく耳にしますが、酵素ドリンクは85度以上で30分間以上の加熱殺菌が法律で義務付けられています。

酵素は50度を超えると働きが失活するため、酵素ドリンクで酵素を補うことはできません。
酵素サプリにしても、加工の段階で食物酵素が生きている状態なのかどうかも不明です。

消化酵素サプリメントとして販売されているものがありますが、これは炭水化物、タンパク質、脂質を消化する働きを持った乳酸菌や麹菌、キウイやパパイヤから抽出した酵素が含まれるサプリメントであり、しっかりと消化の助けを行ってくれるので飲む効果は大いにあります。

 

つまり、『消化酵素サプリ』であって、体内酵素を補うサプリではありません。
消化を円滑に行う事は、腸内でのタンパク質腐敗、消化液分泌負担の減少など、メリットはたくさんあります。

 

そういった意味では、『酵素サプリ』とうたって、消化酵素成分が含まれていないものは無意味と言えます。

そこに、補酵素・補助因子である、ビタミン、ミネラルが含まれているなら、まだ理解できますが、それなら『酵素の働きを補うサプリ』と表現するほうが正しいです。

 

なぜ酵素ドリンクと呼ぶの?

発酵ドリンクを『酵素ドリンク』とうたって販売している商品は酵素を補うドリンクなのでは無く、
食物酵素・乳酸菌・酵母菌などの菌で発酵させたドリンク
という意味であり

『酵素を補う事ができるドリンク』
では無いという事です

つまり、酵素ドリンクで酵素を摂るわけでは無いという事です。

古くから発酵ドリンクは販売されていました。
しかし、当時は『発酵ドリンク』とうたっても見向きもされませんでした。

 

今でこそ
・発酵力の凄さ、乳酸菌、腸内細菌の重要性
・腸内フローラの大発見による研究の進化
・プロバイオティクス(生きた菌、腸内フローラのバランスを変えるが、体外から摂取した菌は定着・発育が難しいので、毎日摂り続けて定着させる事が大切、しかし、死んでも腸内細菌のエサになる)
・プレバイオティクス(オリゴ糖や食物繊維、死菌など、腸内細菌のエサになり、腸内細菌を活性化させる)
・バイオジェニックス(乳酸菌生成物質、乳酸菌が作り出す多種多様の栄養素、これが生体機能に働き掛け健康にする事が分かってきています。現代の研究ではもっともこれが重要と言われている)

などが研究され、発酵の凄さ、大切さ、乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌、麹菌、ぬか漬け、味噌、納豆菌、ふな寿し菌など菌の重要性が注目されていますが、当時は一般的に乳酸菌と言えば=ヨーグルト、チーズ、ヤクルト程度しか浸透していませんでした。

 

発酵の重要性がまだまだ浸透していなかった時代に『酵素』という表現に目を付けた発酵ドリンク販売会社が『○○酵素』と名前を付けた事が『酵素ドリンク』の始まりと言われています。

今では『酵素ドリンク』という名前は当たり前のように聞きますが、適切な呼び方は

『素材や菌が持つ酵素の働きによって素材を発酵させる事で栄養素が消化・低分子化される事で栄養素が吸収されやすくなり、素材の持つ栄養素、ファイトケミカル、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニクスなどが含まれたドリンク』

が適切な呼び方だと思います。
長いですね笑

 

乳酸菌、麹菌など発酵菌が摂れるドリンクなんです

通称:酵素ドリンクは85度以上、30分間以上の加熱殺菌処理が義務付けられていると説明しましたが、これだけの高温だと発酵菌、乳酸菌も死んでしまっているのでは?
と思えますが、実は、植物性乳酸菌は80度を越えても死滅しない乳酸菌がいることが分かっています。

動物性の乳酸菌(ヨーグルトやチーズ、乳製品など)は50度以上で死滅する事が分かっていますが、植物性乳酸菌(ぬか漬け乳酸菌、納豆菌、玄米乳酸菌、キムチ乳酸菌、ふな寿司菌など)は80度でも耐性能力があり、生存する菌が多く存在します。

 

例えば、本物の納豆菌が死滅する温度も高温であり、80~100度前後が一番活性するとも言われています。
納豆菌にはポリアミンが多く、ポリアミンは体内で合成されますが、加齢と共に減少し、細胞の生まれ変わり、新陳代謝、髪の発育促進などに関わっている成分です。
ポリアミンは母乳にも多く、乳児の成長促進に寄与しています。
本物の納豆はスゴイですね。

 

話を戻して、私がファスティングで使用している専用ドリンクは、発酵に使用する菌は新潟大学と共同管理しており、無農薬、自然栽培の素材を主体にこだわりの植物を発酵させた100%の発酵液の原液そのものであり、加熱処理を行っても死滅しない強い乳酸菌が存在します。

つまり加熱殺菌しても死滅しない強い菌が腸で活躍すると考えられます。

さらに、50種類以上にも及ぶ乳酸菌、酵母菌、糸状菌、椎菌など多種多様な菌を『共生培養』させる事で腸内細菌を活性化させる働きがあります。

通常、乳酸菌は、他種とは共生が難しく、菌同士がケンカし、多種の菌が共存する事ができません。
最近、スーパーなどに並んでいる機能性ヨーグルトがありますが、1つの商品に1つの菌しか入っていません。
3種類の菌があれば値段は割高になっても良いので、すべてまとめて入っていれば良いのに。
と思いますが、3つの菌が混ざると、共存できずどれかの菌が死んでしまいます。

 

ところが、私が使っている発酵ドリンクは50種類以上の菌が共生しており、この技術は日本でもここだけしな無く、日本一の技術と言えます。

発酵において日本一という事は、世界一なのです!!

どれだけ発酵力が凄いかというと、夏場の温かい時期に、一度開封した専用ドリンクを常温で放置していると開封した事で酸素が入り、乳酸菌が再活性し、発酵が促進される事で瓶内発酵され、シュワシュワになることがあります。

 

これは100%の原液である事、菌が生きているからこそ起こる現象であり、これによって生きた菌(プロバイオティクス)、死菌(プレバイオティクス)、乳酸菌生成物質(バイオジェニクス)を摂る事ができます。
一般的に販売されている酵素ドリンクと名乗っているものは、菌がそこまで強く無い事、原液で無い事などから生きた菌を摂る事が難しいので、これは大きな違いです。

他に一般的な物は添加物、保存料が入る事で体に良いものとは言えません。

 

つまり、私が取り扱うファスティング専用ドリンクは、乳酸菌が摂れるドリンクであり、乳酸菌などの有用菌と乳酸菌のエサ、乳酸菌生成物質を摂る事で腸内フローラを活性化させる事ができ、腸内フローラが作り出す栄養素、有用物質が体内を活性化させる事のできるドリンクと言えます。

生命の基本となるタンパク質(アミノ酸)は腸内細菌が作ってくれます。

生命必要不可欠の酵素もアミノ酸が原料となりDNA上で作られます。

つまり、腸内細菌を活性化させる事は体内の酵素を活性化させる事に繋がると考えられるのです。

 

田中が使っているものと他とはどう違うの?

いったい、他と何が違うのか?
なぜ、ファスティングに特化したドリンクなのか?

この大きな特徴として、下記栄養素が含まれている事に大きな意味があります。

  • マグネシウム
  • MSM
  • L-カルニチン

特にマグネシウムとMSMは細胞を働かせ、デトックスするうえで超重要なミネラルなのです。

・マグネシウム
マグネシウムは細胞内のエネルギー代謝、体内酵素の働き、デトックスには重要なミネラルで体内に重要な325種類にも及ぶ酵素の働きを活性化させます。

ミトコンドリアが働くにもマグネシウムが重要であり、エネルギー代謝、脂肪燃焼、筋肉、脳の神経伝達、ホルモンの働き、腸内細菌の働きなど、スーパー重要なミネラルであり、マグネシウムが枯渇すると正常に働く事ができません。

スポーツ選手にも超重要なミネラルであり、マグネシウムが入っていることで、少ないエネルギーでもラクに過ごす事ができ、体内酵素、デトックスの効果が高まります。

発酵ドリンクを飲みながら行うファスティングの発見は、マグネシウムを入れた事にあり、マグネシウムが入っているからこそ、安心安全にファスティングを行う事ができ、ミラクルとも言える効果を発揮してくれると言っても過言ではありません。

マグネシウムが入っているか入っていないかでは効果に雲泥の差が出ます。

 

・MSM(メチルスルフォニルメタン)
MSMはデトックスと活性酸素を除去するうえで必要不可欠なイオウを含む成分であり、体内で作り出す強力な抗酸化成分であるグルタチオンを高める事で活性酸素を除去し細胞を活性化させます。
美肌をつくる上では重要な働きがあることや、アレルギー性鼻炎、花粉症などの炎症を抑える働き、関節炎、リウマチといった関節の炎症を軽減させる働きもあります。

そして、MSMは脳の重要な部分である松果体という自律神経を整え、メラトニンという睡眠ホルモンであり、脳の最高の抗酸化ホルモンを分泌させる重要な器官を活性化する事ができます。

松果体から分泌されるメラトニンは性腺刺激ホルモンにも作用し、女性の場合、月経のリズム管理に重要なホルモンでもあります。

松果体は子どもの頃は活性化していますが、年齢を重ねるにつれカルシウム、水銀、フッ素の沈着、添加物、トランス脂肪酸の影響で石灰化していきます。

松果体の石灰化をデトックスさせるのがMSM、タウリン、マグネシウム、シリカ(ケイ素)、グルタチオンなどの栄養素です。

ファスティングで細胞からのデトックス、松果体の石灰化のデトックスを行うには、超重要なミネラルと言えます。

 

・L-カルニチン
L-カルニチンは脂肪をミトコンドリア内に運ぶうえで必要不可欠な栄養素であり、つまり、脂肪を燃やしエネルギー生産を円滑に行う事ができます。
さらに脂肪燃焼を促進させる事でデトックスにも繋がります。

この3つの成分が含まれる事でファスティングの効果を高めてくれます。

そして使用する植物は毎回、毎回放射能検査を行った上で製造に入ります。
できあがり後も残留農薬検査を行い、再度放射能検査を行います。

もちろんすべて検出無し

こうしてこだわりの製法と発酵技術で作られ、ファスティングに重要な栄養素を追加し、残留農薬、放射能検査などを通過したドリンクで安心安全にファスティングを行う事ができます。

たまに真似をしてマグネシウム、L-カルニチンなどの栄養素を入れた類似の商品を見かけますが、やはり発酵技術の違い、原材料の違いによってその効果はまったく違ってきます。

発酵(酵素)ドリンクを選びに大切な9つのポイント

  1. 100%原液か?
  2. エネルギー代謝、解毒に必要なマグネシウム、MSMが含まれているか?
  3. 脂肪酸代謝を円滑にするL-カルニチンが含まれているか?
  4. 1年以上の発酵をさせているか?
  5. 残留農薬検査は行っているか?
  6. 放射能検査は行っているか?
  7. 添加物は含まれていないか?
  8. 果糖ブドウ糖液糖、人工甘味料は使われていないか?
  9. 40日間にも及ぶロングファスティングを行っても大丈夫か?

これらのポイントは超重要です。

 

田中も最初は何でも良いだろうと思っていましたが、3日間の短期間のファスティングでは無く、1週間以上のファスティングを行ない、いろいろ比べてみると、効果やラクさが大きく違い、身をもって体感した事で多くの発見がありました。

私自身、41日のファスティングを行った時もいつもと変らず過ごす事ができたという実績を考えるとやはり、発酵ドリンクを飲みながら行うファスティングは、本物のドリンクを使わないと本物の効果を体感する事ができません。

 

ファスティングを安心安全、効果的に行うには、しっかりとした知識と、本物の専用ドリンクを使って行う事が大切となります。

 

ここまで推奨するのは、取り扱いのドリンクを販売したいからでは無く、いろいろな物で試した結果、安心安全にファスティングが行えるとても優れた製品なので、取り扱いをしています。

販売ありきの商品では無く、
本物の発酵ドリンクファスティングありきの推奨商品なのです。

これらの素晴らしい乳酸菌、栄養素、ミネラルなどが摂れる発酵ドリンクは、腸内環境が素晴らしく良い状態になったファスティング終了後も、毎日少しずつ飲む事で腸内細菌を活性化させ、良い状態を保ち腸がバージョンアップします。

 

 

 

断食41日間実践!!
ファスティング・断食・筋トレ・食育の専門家
断食メガネ  田中裕規  拝
(プロフェッショナル・ファスティングマイスター:1級断食指導士/酵素栄養学協会・認定酵素栄養学指導士)
ファスティング説明専門サイトはこちら

 

【田中式ファスティング体験者の声特集】
多くの方のファスティング体験者の声を掲載しています

 

断食の様々な効果、方法を書いた拙著
『3日で人生が変わる究極の断食力』

book

 ナチュラルラボショップで購入

 amazonで購入

 楽天ブックス

 

・2ヶ月で-10kgのボディメイク!
ファスティング&パーソナルジム
『TUKURU-ツクル-』
▼モニターさんのビフォーアフター掲載
http://tukuru.life/

 

【SNS気軽にフォローして下さい!!】

⇒ Facebook フェイスブック
健康情報をアップしています
https://www.facebook.com/ukickt

 

⇒ Instagram インスタグラム
トレーニング風景、ビフォーアフターなどアップしています
https://www.instagram.com/u_kick/

 

⇒YouTube ユーチューブ
ファスティング、筋トレなどの動画をアップしています
https://www.youtube.com/user/ukicks

 

⇒ Twitter ツイッター
お知らせ情報・健康・ダイエットつぶやき
https://twitter.com/tukuru_fit